ワイヤーとマウスピースの違いとは

これを読んで頂いて、ご自身にあった歯の矯正方法選択の一助になればと思います

それぞれのメリット、デメリット

ワイヤー矯正はブラケット、マウスピース矯正はインビザラインと呼ばれます。 ワイヤー(ブラケット)は簡単ですが、装置が口を開くと目立ちます。 マウスピース(インビザライン)は外からは目立ちにくいのですが、やや高価で、対応できる歯医者さんは限られています。

ワイヤー裏側矯正のメリット

ワイヤー矯正の中には、舌側矯正・リンガルブラケットと言われる、裏側から矯正する方法があります。 メリットとしては矯正治療中であることが、外からはわかりません。 歯磨きができるので、虫歯になりにくく、ホワイトニングもでき、エナメル質を傷つけることもありません。

ワイヤー裏側矯正のデメリット

葉の裏に異物を装着するので、食べるときに歯の裏側を押す癖のある方は、慣れるまでは気になります。 装着当初は話す時に、特にタ行、ハ行、ラ行の発音がしづらい場合があります。 歯の形状に合ったワイヤーを装着しますので、オーダーメイドとなり治療費が高額になります。

ワイヤー矯正って?マウスピース矯正って?その違いは?

ワイヤー矯正(ブラケット)のメリットは、治療対象が最も多くて、治療期間が短期です。
価格はマウスピースに比べればやや安価です。
古くからの矯正方法ですので、対応できる歯科医さんは多くあります。
デメリットとしては、ワイヤーが口を開いたときに装置が目立ちます。
ワイヤーですので金属アレルギーの方は使用出来ません。
固定式ですので歯ブラシは難しく、取り外しは歯医者さんで行いますし、虫歯、歯周病になりやすいです。
治療が完了するまでは取り外すことができません。
ワイヤー矯正には裏側矯正(舌側矯正・リンガルブラケット)と言う方法もあります。その説明は別に説明いたします。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリットは最新の治療方法です。
目立ちにくく、取り外しが簡単です。
金属アレルギーも関係ありません。傷みもありませんし虫歯の治療、ホワイトニングなども並行で行えます。
良いところばかりに思えますが、デメリットは歯の矯正であるにもかかわらず、治療できる範囲が狭く複雑な歯並びには対応できません。
価格もワイヤー矯正と比較すると高額になります。
上下治療で100万円程度になる場合もあります。矯正装置なので、1日20時間程度装着しなければなりません。
自分で簡単に取り外しができるので、ついつい面倒になったりして取り外し時間が長くなり、矯正治療の時間が長くなる場合があります。
新しい矯正方法ですので対応できる歯医者さんが限られています。


TOP