ワイヤーとマウスピースの違いとは

これを読んで頂いて、ご自身にあった歯の矯正方法選択の一助になればと思います

それぞれのメリット、デメリット

まずは歯医者さんで状況確認

鏡を見ただけではご自分の歯の状況は正しく把握できません。
必ずお近くの歯医者さん、出来ればいつも行く歯医者さん(主治医)で治療していただきましょう。
事前に二つの矯正治療方法を知っていれば、具体的に相談でき、ワイヤー治療かマウスピース治療か歯医者さんにも結論を早く出して頂けると思います。
治療前にご自身の希望、仕事、等々の生活状況など詳しくお伝え、二つの方法のメリット・デメリットを詳しく教えて頂きましょう。
しっかり認識した上で矯正治療の方法を選択しましょう。
マウスピース矯正を選択した場合、新しい治療方法ですので、対応できない歯医者さんもいらっしゃいます。
そんな場合でも良い歯医者さんなら、必ず専門の歯科医院・大学病院、等々を紹介して頂けます。

矯正治療費について

比較するとワイヤー治療が安いと思われます。ワイヤー矯正 犬歯の生える9歳くらいまで:上下約20万円(治療費含む)下顎だけだとほぼ半額10万円程度。
永久歯が生えそろい中学生まで:約50万円。
大人(高校生以上):約70万円。マウスピース矯正:70万から100万程度。歯の状況、治療難易度によって治療費は変わります。
ワイヤー裏側矯正:80万以上。ここに書かれた治療費はあくまでも目安です。
歯医者さんによって治療費が数万から十数万変わる場合があります。
治療費がかさむため、歯医者さんによってはローンを使える歯医者さんもあります。
相談は無料の歯医者さんもありますが、費用が必要になる場合もあります。
必ず治療費に関しては歯医者さんに事前にご相談ください。



TOP