ワイヤーとマウスピースの違いとは

これを読んで頂いて、ご自身にあった歯の矯正方法選択の一助になればと思います

ワイヤー裏側矯正のデメリット

主治医(ホームドクター)との良い関係

まずは日頃から主治医(ホームドクター)を決めておきましょう。
主治医との信頼関係を築いておきましょう。
定期的に歯のメンテナンスに通っていれば、先生もあなたに対して、理解できるように矯正治療方法を説明していただけます。
最も適して治療方法を選んで頂けるでしょう。
治療に対する不安な気持ちを主治医に相談致しましょう。
可能なら矯正専門の歯医者さんを選びましょう。
長年付き合っていれば、患者さんに負担の掛からない器具を使って頂けるでしょうし、不安な気持ちに寄り添えでしょう。スタッフとの関係も良好になります。
治療内容によっては得意な別の歯医者さん、大学病院も紹介してもらえる様になります。
長年お付き合いをしていれば、治療に欠かせない確かな記録(カルテ)が残っています。

良い矯正治療は、良い歯医者さん選びから

選ぶ条件の一部ですが、以下の通りです。
最新治療のできる常勤の矯正歯科医がいる。
治療方針、費用、期間などそれぞれのメリット、デメリットもしっかりと説明してくれる。
当然ですが、治療前に、精密検査をしてくれる。
やや専門的ですが、頭部X線規格写真(セファログラム)検査をしている。
患者の生活状況や職業も理解してくれて、最も適した矯正治療方法を提案してくれる。
歯医者さんの力量は当然ですが、同時に豊富な経験と知識を持つスタッフがいる。
自宅から近い。
上記の歯医者さんを日頃から主治医としてメンテナンス等々で通院している。

良い矯正治療とは、まさに良い歯医者さんを選ぶ事です。

これらの内容を参考にして良い歯医者さんを選び、間違いのない矯正治療を受けられれば幸いです。



TOP